SECTION 01

フトン巻きという新技術によって起こるイノベーション。

布団洗いへのシフトはこれまで機器メーカー始め、多くのコインランドリーが失敗してきました。
これは「布団が洗える」といいつつも、敷き布団に関しては型崩れを起こしてしまう問題を解決することが出来なかったからなんです。お客様が本当に洗いたいのは「掛け布団」だけではなく、「敷き布団」もなのです。失敗と研究を重ね辿り着いた方法、それが私たちの独自技術「フトン巻き」という方法を開発しました。

SECTION 02

コンセプト設計

我々はコインランドリーが「衣食住の衣」に対し、布団産業は「衣食住の住」、つまり異なるカテゴリと考えております。
また利用者数を見てもコインランドリーは10%に対して布団利用者は遥かに多いと考えられる為、両者を同じ方法でアプローチしては失敗します。“フトンシフト”する為には、従来のコインランドリーで培った先入観をまずは捨て去り、全く新たなターゲットとして捉えた後に、お店のコンセプト及びストーリー設計から着手することが必要と考えます。

新コンセプト

店舗デザイン

SECTION 03

マーケティング戦略

前段にありますとおり、布団の利用者は 老若男女問わずあらゆる属性の人が 存在することが考えられます。
この層に対して「フトン洗い」の需要喚起を 訴求するにはTV CMが1番効果的です。
予算捻出が困難な場合は、 取材PR、Web動画制作等を通じて 新たなマーケティング戦略が必要と言えるでしょう。

SECTION 04

信頼づくり

布団洗いはお客様にとって始めての経験であることが殆どです。ところが人は始めての事や知らないものにはお金を出したがりません。この為“フトンシフト”には、その行為そのものが正しいんだと言うことをお客様に理解してもらい、信頼を得られる為の確かなエビデンス作りで足場を固めることが重要になると考えます。

SECTION 05

女性主体の運営チームづくり

フトン洗いを開拓することは新たな生活産業を築く行為に他なりません。ここで大切なのは女性(特に主婦)目線。フトンを清潔にしたい潜在需要は主婦層が1番強く持っているため、彼女達の意見を上手く反映していけるような運営体制作りが有効と考えます。

フトン巻きのジローで働いている人の男女比

資料ダウンロード

DOWNLOAD DOCUMENTS

image-1
image-2
image-3

image-4
image-5

画像をクリックすると拡大できます。より詳細が見たい方は資料をダウンロードをしてください

NEW

2020/06/03 事業計画書サンプル資料 PDF(3MB)

事業計画 / 予算計画 / 収支計画 / 購入選択権付リース契約

お問い合わせ

CONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
コインランドリーをやっているが売上が上がらない、開業したいがやり方がわからないなど、
なんでもお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

028-666-4218

【受付】平日 月~金 9:00-17:00